Sponsored Link
2chまとめ(VIP・ニュース)
このヘッドラインはVIPワイドガイドが管理しています。ランキング置換の際は「news4wide」にてご登録お願い致します。
2chまとめ(VIP・ニュース)
2chまとめ(全般)、ニュースサイト

【こち亀】 「伝説の実験回」が凄すぎるwwwww

manga.png
1: 2022/01/19(水) 10:02:02.30 ID:CAP_USER9
ふたまん1.19
https://futaman.futabanet.jp/articles/-/121455

本作は、一話完結をベースとしたギャグ漫画ですが、笑いだけではなくときどき泣ける話を盛りこんだり、時事ネタをつっこんだりと、作者の幅広い知識と深い見識が見え隠れする内容となっています。さらにそんな中には、ふつうの漫画ではありえないような突拍子もない発想による「実験的なエピソード回」も存在。そこで今回は、個人的にとくに驚かされた4つの斬新な実験回をご紹介したいと思います。

■上下二分割されて異なるストーリーが展開
まず『こち亀』の画期的な実験回として思い出すのは、ページの上半分と下半分で異なる2つのストーリーが描かれるという手法です。『こち亀』では何度かこの手法で描かれたエピソードが登場します。

たとえばコミックス65巻に収録された「人生色いろ!の巻」では、“両さん”こと両津勘吉が冒頭でどんな返事をしたかによってその後の展開が変わっていくという、まるでアドベンチャーゲームのような2つのストーリーがページの上下で同時に進行。おとぎ話のようなちょっとひねったオチまで含めて、実に秀逸なエピソードでした。

ほかにもコミックス145巻に収録された「20年今昔物語の巻」では、ページの上半分は2004年、下半分は1984年を舞台に描いた2つのストーリーを同時に展開。84年バージョンのほうは、しっかり84年当時の秋本治氏の絵柄で描かれていたのも印象的です。

■両さんの姿が一切登場しない珍エピソード
コミックスの第63巻に収録された「想像力漫画の巻」というエピソードも実にユニーク。罰当たりなことをした両さんが、ある日突然透明人間になってしまうという内容です。

コメディやギャグ漫画で主人公が透明人間になるというネタはたまに見かけますが、半透明になった姿で描かれたり、読者に姿は見えますがほかの登場人物からは見えていないという描写が定番。しかし、『こち亀』の場合は、透明人間になった両さんの姿は一切描かれておらず、そこに“存在する”という体で話が進んでいきます。

そして、この回の面白いところは、冒頭の扉ページに両さんのいろんな表情が描かれた「パターン表」が掲載。透明状態の両さんが現在どのような表情をしているのか、コマの外に注釈としてアルファベットが記載され、読者はパターン表と照らし合わせながら両さんの表情を読み取るという画期的な試みが行われました。

■登場人物もおもわずツッコんだ「すさまじい実験回」
作者も認める実験回として忘れられないのが、コミックス第151巻に収録されたエピソード。そのタイトルは「ページめくりにくいと言わないで!の巻」です。

この回は冒頭からページを横に使って描かれていて、読者はコミックスを90度左に傾けないと吹き出しの文字がちゃんと読めません。しかも作中にはページが少しずつ回転するような場面もあって、タイトルのとおりページがめくりにくい……というか純粋に読みにくいシーンが続出しました。

困惑する読者を予想したかのように、作中で麗子が「今回の読みにくくない?」と指摘しており、両さんは読者の脳の活性化のために「わざと(本を)グルグル回させているんだ!」と作者の意図を代弁しています。

しかもこの回の中には、絵がまったくない「セリフのみの漫画ページ」も登場。秋本治氏の独創的なアイデアがギッシリ詰まった、かなり特異なエピソードと言えるでしょう。

■まさかの壮大なドッキリ!?
コミックスの第69巻「両さんメモリアル」というエピソードは、いろんな意味で読者を驚かせた伝説的な回です。

このエピソードの終盤に両さんは、警察官を辞めて長い旅に出ることを宣言。その発言のあと、見開きのページに「長い間ご愛読ありがとうございました」「また会う日までさようなら」などと書かれ、手を上げて去る両さんの姿が描かれています。

連載が終わったのかと思いきや、これは両さんがしかけた「ニセの最終回」というオチ。すぐに『新こちら葛飾区亀有公園前派出所』「新たなる旅立ちの巻」が始まりますが、両さんの悪ふざけに怒った大原部長が「ほかの漫画にいっちまえ!」と、両さんを『ドラゴンボール』の世界(ナメック星)に追いやるというラストもインパクトがありました。

このほかにも、ふつうの漫画では考えられないような実験的なエピソードがたくさん描かれた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。コミックスを読み返すと、いまだに作者の秋本治氏の斬新かつ自由な発想に驚かされることが多々あります。

※全文はリンク先で




12: 2022/01/19(水) 10:13:55.89 ID:fnBrKzQr0
>>1
紹介してるのが60巻台が多いのは記者の都合?w

112: 2022/01/19(水) 11:01:41.54 ID:REVTE1Gw0
>>12
個人的印象だが、40〜60巻がずば抜けて面白い
もちろん、他も十分すぎるほど面白いんだが、この近辺は密度がすごい

225: 2022/01/19(水) 11:56:53.58 ID:DiueDyQr0
>>112
初期は時代的にもやっぱり古臭すぎるし
寿司屋とか出だすころからは惰性で続ける偉大なるマンネリになってたからなあ
それでもたまに当たりがあったからすごいんだけど

3: 2022/01/19(水) 10:04:48.55 ID:2gwarkDd0
ワンピースあたりに友情出演してもいいと思う

4: 2022/01/19(水) 10:04:53.47 ID:Deb9AwUB0
こち亀が連載されていないという世の中になって

5: 2022/01/19(水) 10:06:03.43 ID:boRe/b9x0
下が小説になってて、人の名前で文字数稼ぎしてたやつ

147: 2022/01/19(水) 11:15:27.55 ID:id9nDhK00
>>5
整列させて番号を何回も呼ばせるヤツ面白かったw

7: 2022/01/19(水) 10:08:31.20 ID:4y29bd740
そうえいば去年オリンピックだったけど日暮は出てきたんだろうか?
一年ズレたから日暮も出なかった?

11: 2022/01/19(水) 10:10:53.09 ID:u8OtpmAA0
>>7
オリンピックが延期になったことを知られないようにする話が一昨年にあった

9: 2022/01/19(水) 10:09:37.26 ID:G89rQzxb0
巻頭カラー回を思いっきり使ったマンション隣人騒動もあったな
これコミックスではどうなるんだ?って

14: 2022/01/19(水) 10:15:21.01 ID:/JIsP/4U0
>>9
「住人と色」だね

96: 2022/01/19(水) 10:52:51.70 ID:3Wyh8Rcu0
>>14
カメダスでカラーで再録してあったね

13: 2022/01/19(水) 10:14:23.71 ID:X59XAq8z0
星逃田の回とか実験的で好きだったな
あんま出なかったけど

46: 2022/01/19(水) 10:31:15.38 ID:6pzolv3j0
>>13
スクリーントーンの重ねとかアシに不評だったからな

90: 2022/01/19(水) 10:50:17.44 ID:/JIsP/4U0
>>13
星逃田はカルティエのライターをなくして
読者からチルチルミチルのライターに銀紙巻いたものを送られて,ページめくりで狙撃してた
確かにあの当時は読者を巻き込んでいたよね

ヤッターマンのボヤッキーへ女子高生が送った手紙を紹介するコーナーみたいに
視聴者参加型の企画は昔からあるんだよね

15: 2022/01/19(水) 10:15:45.45 ID:agF/6R3W0
そういうの初期~中期のイメージだけど100巻以降でも実験してたんか

284: 2022/01/19(水) 12:34:07.24 ID:1Giwv4z90
>>15
むしろ少年紙にあるまじき無骨だった頃の方が面白かった

18: 2022/01/19(水) 10:18:23.86 ID:QIGwGXwj0
ドリフみたいに舞台劇になってる回もあったな

19: 2022/01/19(水) 10:18:24.12 ID:oNQ6yUGh0
大田裕美コンサートの回

28: 2022/01/19(水) 10:22:38.91 ID:/JIsP/4U0
>>19
懐かしいな
太田裕美の病的なファンの東大生とかいたな。コンサートなのに応援に夢中で全然歌とか聞いてないの
今では実在する芸能人を絡めた話はできないのだろうな

20: 2022/01/19(水) 10:18:49.99 ID:/JIsP/4U0
本田と遠方へ出かけて,知らない人の家に息子のふりして泊めてもらう回とかは
今思えばオレオレ詐欺だな

25: 2022/01/19(水) 10:20:08.33 ID:QIGwGXwj0
>>20
あれは騙されてることわかってたからセーフ

70: 2022/01/19(水) 10:41:18.09 ID:K+gD6NXZ0
>>20
長崎行く回だっけ
本田のバイク売ってから無理やり買い戻す滅茶苦茶やってたな

34: 2022/01/19(水) 10:26:19.84 ID:VdRscS2J0
居酒屋にテレビ置いてリモート同窓会とかあったな
スタッフが直接テレビの向き変えるやつ

41: 2022/01/19(水) 10:30:00.49 ID:rnJ0QIH20
フュラーリ

261: 2022/01/19(水) 12:21:05.12 ID:VaiS0RrN0
>>41
フュラーリ・テスタオッサン・ドナイシテマンネン

52: 2022/01/19(水) 10:35:42.31 ID:whOeOooG0
連載終了してるのにハンターハンターより掲載率が高い漫画

56: 2022/01/19(水) 10:36:59.86 ID:DqqEUyAW0
両津がバイトしてた出版社の編集部でボヤ騒ぎが起こり
焼け残った原稿をコピーで水増しして完成原稿にする話にクソ笑った

57: 2022/01/19(水) 10:37:22.01 ID:jFR9e01J0
最高傑作は江戸っ子寿司講座かゴキブリ大行進で迷う
地面にビールを撒く会いうワードが出てくる日本酒密造計画も捨てがたい

59: 2022/01/19(水) 10:37:34.03 ID:RKxhXnL20
両津が本を書く話で汚い字とか支離滅裂な内容をそのまま出版したら
マスコミとか識者が
「中国の天才の文字を模写してる」とか
「展開が飛びまくるのは飽きっぽい若者をひきつけるため」とか
全然意図してないことを勝手に決めつけて評価し始めるのは
今思えばメディアのいい加減さをよく表現してるなあと感心するわ

61: 2022/01/19(水) 10:39:07.77 ID:WFkqH8Uy0
改めて読むと時事ネタの扱いが上手いんだよな
浅すぎず深すぎず芯を押さえてるかんじ

1001: 以下おすすめ記事をお送りします
 2008/2/21 23:2:22 ID:news4wide






引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1642554122/

関連する記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません