2chまとめ(VIP・ニュース)
このヘッドラインはVIPワイドガイドが管理しています。ランキング置換の際は「news4wide」にてご登録お願い致します。
2chまとめ(VIP・ニュース)
2chまとめ(全般)、ニュースサイト

【なるほどー】ラグビーW杯『日本が南アフリカに勝てなかった”理由”』がこちら…

1.jpeg
1: 2019/10/21(月) 14:32:39.44 ID:P0oI6Ahr9
夜空と白い照明の下に48831人。

ファンの多くはずっと万雷の「ニッポン」コールを送り、ノーサイドの瞬間に、緑の芝へ湿った拍手を送った。

10月20日、東京スタジアム。

日本代表はワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝で過去優勝2回の南アフリカ代表に3-26で敗れた。

「このチーム、大好きなんで。負けたというより、終わった悲しさの方がある」

試合終了後、スタンドオフの田村優は感極まっていた。

左プロップの稲垣啓太も、それと似た表情だった。

「悔しさが非常に大きすぎて、いま何かを考えるのは難しいですけど、ひとつ言えるのは南アフリカ代表さんのパフォーマンスが素晴らしかった。セミファイナルに向け、頑張って欲しいですね」

この日の攻撃プランは、「アンストラクチャー(陣形が整っていない)の状況を作ろう」(田村)だった。

試合開始早々に自陣深い位置で長距離のキックパスを右端に放つなど、空いたスペースへのロングキックやショートパントを活かして混とん状態を作ろうとした。

フィジカルで勝る南アフリカ代表の身体接触での強みを最小化させにかかった。

その延長で、タックルされながらつなぐオフロードパス、攻撃方向とは逆に放る「内返し」と呼ばれるパスを披露。

南アフリカ代表を揺さぶり防衛線をこじ開けた。

逆に南アフリカ代表が蹴り込んでくる高い弾道のキックへは、各人のスキルで対処した。

15分頃に、敵陣深い位置左からハーフ線付近左へ飛んだ1本は、ウイングの松島幸太朗が高い打点でキャッチ。

他のシーンでも相手の捕球役と空中で競り合い、落球を誘う場面も作った。

9月6日の前哨戦で7-41と敗れた際は、この領域で苦しんでいたものの、今回は立場を逆転させた格好だった。

南アフリカ代表のエラーや反則も手伝い、日本代表は前半を3-5と競ってハーフタイムを迎えた。

しかし、後半はノックアウトステージに慣れた側と、ノックアウトステージを目指していた側との違いが勝敗を分けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010001-wordleafs-spo
10/21(月) 6:02配信


3: 2019/10/21(月) 14:33:14.36 ID:P0oI6Ahr9
南アフリカ代表のラシー・エラスムス・ヘッドコーチは、「ハーフタイムは本当に緊張していた。 

しかし、私たちは長く一緒にいるので(信頼関係をもとに)そこからの脱出方法を知っている。仲間同士で話し合っていたのがよかった」と振り返った。
 
フランカーのシヤ・コリシ主将ら、チームリーダーは、それまで一進一退だったスクラム、強い塊を作っていたラインアウトからのモールで「安定している」との認識を共有。 

一度もらったボールを簡単に手放さないよう戦い方を修正した。

キックの選択にもマイナーチェンジを施す。

ばねのある松島の周辺にはあまり蹴らなくなり、もし松島のところへ蹴るとしたら同選手が広い区画に立っている場合に限り、必ず長身のフォワード選手に弾道を追わせた。 

その仮説に、スタンドオフのハンドレ・ポラードは「(前半に蹴った場所では、捕球する相手が他の日本代表選手に)かなりブロックされていた。オープン側に蹴ることにしました」と答えた。

ベンチも勝負手を打つ。

リザーブを編成する段階で一般的な隊列よりもフォワードを1人多く並べていて、エラスムス・ヘッドコーチは、そのメンバーを前半終了間際から次々と投入。 

運動量に長ける日本代表に対し強みの肉弾戦での圧力を最後までぶつけるためだ。

「誰もが速く動くのが日本代表。彼らのプレーにマッチさせようと思った。事前に(先発の)フォワードは非常にきつくなるとわかっていたので、フレッシュレッグ(新しい交代選手)を入れるようにした」

日本代表陣営が故障者への対応のため思うようなメンバーチェンジができないなか、エラスムス・ヘッドコーチは、こう満足する。

「彼ら(控えのフォワード)は我々が求めていたことをやってくれた。防御ではフェラーリ(松島、福岡堅樹といった日本代表の快速ウイング)の走るスペースを埋めてくれた。またモール、スクラム、ブレイクダウン(接点)をよくしてもらいたいと思っていたところ、それに応えてくれた」

5: 2019/10/21(月) 14:33:49.80 ID:P0oI6Ahr9
後半26分。自陣10メートルエリア右のラインアウトから組み始めたモールを、敵陣22メートルエリアまでゴリゴリと押し進めた。 

最後は塊から抜け出したフッカーのマルコム・マークスが、スクラムハーフのファフ・デクラークによるフィニッシュをお膳立て。 

直後のゴール成功もあり、日本代表は3-21と、勝負をほぼ決められてしまった。

マークスが「努力が実を結んだ。前に進む気持ちがトライに繋がった」と振り返る場面である。

日本の4強進出はならなかった。そこにどんな壁があったのか。 
稲垣は、次回のW杯をも見据えてこう言葉を絞った。

「勝てば次に進めるファイナルラグビーの場で何が大事になるか、突き詰めていく必要がある。セットピース(スクラム、ラインアウト、モール)はもっと向上させる必要がある。

きょうは南アフリカ代表さんがそこで強みを前面に出してスコアしましたから。相手のラインアウトは優秀でスキルも高さもありましたし、その後のモールのディテールも非常にクオリティが高かったですね」

稲垣がプレー面の課題を挙げたのに対し、田村はW杯で5試合以上の真剣勝負をおこなう難しさについて言及。

今大会限りでの代表引退も匂わせながら、ここ1週間の状態をこう振り返った。

「5週間プレッシャーのかかる中でラグビーをする難しさはありました。特にベスト8に入ってからの今週は、きつかったですね。もちろん手を抜くつもりも全くないですし、国民の皆さんの期待に応えたい気持ちはありました。

でも、5試合連続で試合に出ている選手も(多く)いたので、100パーセントの準備をしたいのと、身体とメンタルのコンディションを(整えたいという思いのバランスを取る)…という難しさはありました。

今回(の日本代表)が史上最強で最高のチームであるのは間違いないです。
もちろんそれまで苦しい時代からやってきた先輩方がいて、2015年はあれだけの結果を残しながらベスト8には入れなかった…としっかり段階を踏んでやってきたのもある。 

僕は8年間代表に関わらせていただいて、僕が入った時よりもいい状態になったというか…。予選突破してからの準備の仕方は、次の世代に託します。バトン渡しは完了しました」

7: 2019/10/21(月) 14:34:27.04 ID:P0oI6Ahr9
日本ラグビー界はこれまで経験したことのない境地に到達した。

ロックのトンプソン ルークと、ウイングの福岡堅樹は代表引退が濃厚も、この日は相手の強靭なダブルタックルを食らって思うように前進できなかったナンバーエイトの姫野和樹らは、4年後に視線を向ける。

実際に戦った選手たちの皮膚感覚を今後の進化に繋げるには、もちろんバックヤードの尽力も不可欠だろう。

もっともサンウルブズがスーパーラグビーに挑めるのは2020年までで、ラストシーズンは、国内トップリーグと日程がかなり重なるなど課題が多い。 

日本協会の清宮克幸副会長は2021年以降に新しい国内プロリーグを発足させたいとするが、「世界へのパスウェイは大事」と語る協会幹部もいる。 

国際派で鳴らす岩渕健輔専務理事が、どこまで他国代表との接点を作れるかも強化のカギだろう。
 
日本協会は16日、ナショナルチームの次期体制について討議する選考委員会を設置したと発表している。 

委員長を務める森重隆・日本協会会長、藤井雄一郎強化委員長らはジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチの続投を推しそうだが、ここまでジョセフ・ヘッドコーチの右腕を担った戦術家のトニー・ブラウンアタックコーチは、来季から母国ニュージーランドのハイランダーズで指導にあたると現地で報じられている。

当の本人は、まだ出処進退を明らかにしていない。ただ、もし既報通りに事が進むなら、ジョセフ・ヘッドコーチとの契約延長以外にも考えるべき点は生じる。

フランカーのリーチ マイケル主将はこう語る。

「大学も企業チームも選手を育成しようとしていて日本には素晴らしいラグビー選手がいることが(今大会までに)わかった。いいシステムを作ればどんどん成長できるでしょう」

イングランド大会直後には、指揮官の選定や、強化委員会と現場の意思疎通などが乱れた。 

今年6月に発足した日本協会の執行部と、これからの日本代表は、2023年のW杯フランス大会へ向け、どのようなリスタートを図るのだろう

108: 2019/10/21(月) 14:48:58.63 ID:yYN4xCgLO
>>3あの南アフリカにここまでやらせた日本も大したもんだと思うけどなあ
正直前半南アフリカのミスもあったけどあの点差でしのいだだけでも出来すぎな位だと思う
ただこの壁を越えるのは容易じゃないし厳しいよな

102: 2019/10/21(月) 14:48:22.84 ID:mc8LRVP50
>>1
なげえよ

484: 2019/10/21(月) 15:31:32.89 ID:79lN39u70
>>1
負けた最大の理由

ラインアウト
ペナルティ取って相手陣に味方有利のタッチ蹴っても、味方ボールのラインアウトを取られるから不安しかない
これが圧倒的に厳しかった

特に、敵陣ラインアウトでジャンプの競りと着地のモール対策を両方同時に対応されたのが大きい、普通のチームは同時にはできない


二番目~五番目が、
ラインアウトからの相手ドライビングモールの巧さ、
リーチもラブスカフニも姫野も封じ込められた相手防御の強さ、
苦しさから来る味方ペナルティの多さ、
日本の中6日と南アの中11日の疲れの違い

4: 2019/10/21(月) 14:33:35.48 ID:S0cSjROZ0
南アフリカ、ニュージーランドが強すぎる

8: 2019/10/21(月) 14:34:28.80 ID:qLBo396I0
堀江はゆりやんに似てるな

9: 2019/10/21(月) 14:34:36.73 ID:yBvObY9u0
個々の選手の能力差もそうだけど
やっぱりブレーンが違うんじゃないの?
日本は完全に研究対策されてた気がする。
逆に日本はもっとやりようなかったのかな?

12: 2019/10/21(月) 14:35:26.84 ID:QiTUItLP0
南アはオフサイドしまくってたってほんと?
まあしなかったとしても負けてただろうけど

53: 2019/10/21(月) 14:42:45.31 ID:fS89dUXf0
>>12
あの手の○○気味なところに臨機応変に対応できないとTir1では通用しないってことだよ
そのズレで負けたね
大きな差ではないんだけどこの差はなかなか埋まらない
それが世界のトップとの差だから

13: 2019/10/21(月) 14:35:43.43 ID:il3HLk4y0
ベスト8という目標を達成したときにはもう満足していたから
日本人は目標を達成してしまうと気持ちの切り替えが難しい

198: 2019/10/21(月) 14:58:28.73 ID:Xh5I+zcU0
>>13
俺もそれ懸念したけど、前半見てそれは無いと思った

16: 2019/10/21(月) 14:36:58.50 ID:wYP3PU+t0
スクラムハーフの差だよw

17: 2019/10/21(月) 14:37:08.49 ID:Y290T8Wl0
スタミナ切れだね

一試合のパフォーマンスじゃなくて、大会期間中のスタミナ

スコットランド戦の後半から、明らかに局面で負けるシーンが多くなった

21: 2019/10/21(月) 14:38:17.69 ID:sBy63kx00
南アはとことん日本のことを研究してたね、戦法とか弱点とか

24: 2019/10/21(月) 14:38:48.54 ID:6nzSOPSh0
優勝めざしていたチームとリーグ突破をめざしていたチームではそれは勝負にならんわな。先を急ぎ過ぎるでない。

25: 2019/10/21(月) 14:38:50.04 ID:NOtV4fV40
まぁ実力差でしょ
開催国のアドバンテージ抜いて南アとガチ対決したらあれで一杯一杯
テストマッチでは41対7だったろ

26: 2019/10/21(月) 14:38:51.38 ID:Sg+1fYHVO
一位通過したのにリベンジに燃える強豪相手なんて
くじ運が悪いわ

49: 2019/10/21(月) 14:42:14.46 ID:7tFaTzP30
>>26
二位通過してたところでNZ..

272: 2019/10/21(月) 15:05:36.54 ID:7vRgoXfn0
>>26
どのチームと当たっても同じかと
日本はスタミナもなんも切れていた
ミスも多くなっていた
逆に今回ベスト8に残ったメンツはどこもベスト8に残ったプランがあって戦ってる
日本はリークで精一杯

447: 2019/10/21(月) 15:25:18.45 ID:hLn/K98X0
>>26
ニュージーランドと南アフリカがいるプールBだったら、
決勝トーナメントなんて絶望的だった。
2番手チーム、プールA・スコットランド、プールC・フランス、プールD・ウェールズ。
スコットランドがシックスネイションズで最後に優勝してるのが1999年。
イタリアを除けば、一番優勝から遠ざかってる。
入ったプールは悪くはなかった。

27: 2019/10/21(月) 14:38:53.96 ID:8njObAJY0
サッカーと同じ
グループリーグ突破するだけで全精力使い果たしてる
グループリーグを調整しながら試合してる強豪に決勝トーナメントで軽くひねられるのは当たり前

77: 2019/10/21(月) 14:45:35.40 ID:yzEagwlX0
>>27
サッカーは既にトーナメント進出が3回目だけあって
前回はポーランド戦を捨てて、トーナメント照準にした戦い方をしてるぞ
それでも勝てなかったが

30: 2019/10/21(月) 14:39:41.67 ID:+Xq1gHnK0
南アがあれだけミスしてくれたのに自らのミスで自滅した前半が痛い

31: 2019/10/21(月) 14:39:46.32 ID:ZGjeFkxJ0
日程差がそれほど無かったら勝てないってだけじゃないの?

32: 2019/10/21(月) 14:40:13.29 ID:7tFaTzP30
あんなに元気だった松島が何もさせてもらえなかった
そのぐらいフィジカルで圧倒されてた

33: 2019/10/21(月) 14:40:17.82 ID:orB6HLSM0
選手層が薄い。2チーム分の質の高い選手がやはり必要

34: 2019/10/21(月) 14:40:19.81 ID:EBVneirU0
幸運はいろいろ救われた日本側にあったよね
それでも負けた、つまりそういうことよ

37: 2019/10/21(月) 14:40:39.60 ID:EduUO3AY0
控えに、あえてフォワードの選手を増やした

南アによる、対決勝トーナメントでの戦術に

体力を削がれ負けた

41: 2019/10/21(月) 14:41:04.79 ID:psQmEK7D0
日本VSアイルランド
ニュージーランドVSアイルランド
ニュージーランドVS南アフリカ

ここらの結果を見るとまぁこんなもんかなと

47: 2019/10/21(月) 14:42:03.05 ID:8wnHO/Y40
>>41
日本がそこそこ苦戦したアイルランドをあれだけ虐殺するニュージーランドって何なんだろう
強すぎる

46: 2019/10/21(月) 14:41:55.06 ID:0pdcT65n0
なぜもクソもない
相手が強すぎたからだろ

48: 2019/10/21(月) 14:42:11.29 ID:8rNbsIkm0
個々の選手の能力差
パワーとスピードが違いすぎる
とくにパワーやばいだろ
ボールもって片手ふさいでる選手にタックルした日本人が簡単に逆にタックス返しされてふっとんでたんだからw

57: 2019/10/21(月) 14:43:34.93 ID:W3JVKmZ60
>>48
これ
予選では通じてた選手が通じてなかったね
松島とか吹っ飛ばされてた
ああこれが強豪かぁと

50: 2019/10/21(月) 14:42:14.40 ID:Sg+1fYHVO
相手にボール持たせてガシガシ当たって壊しに行く戦術ってあるんだな

104: 2019/10/21(月) 14:48:36.79 ID:gCKqxHvN0
>>50
高校レベルだけど、昔全盛期の啓光学園が一旦ハイパントで相手に渡して
そこからターンオーバーする前提の戦術を組み立ててるとか知って、興味深かったわ

55: 2019/10/21(月) 14:43:11.72 ID:16MxVQp+0
デクラークがいなかったから

56: 2019/10/21(月) 14:43:13.39 ID:MvNkE9pD0
横綱と幕内の新人の戦いって感じ。

59: 2019/10/21(月) 14:43:45.12 ID:ICNNkZsZ0
ウェールズかフランスならチャンスあった
組み合わせの敗北

60: 2019/10/21(月) 14:44:08.66 ID:kvNpSYSa0
南アのロン毛のやついなかったら日本は勝ってたと思う
アイツがゲームをコントロールしてた

66: 2019/10/21(月) 14:44:42.52 ID:S0cSjROZ0
決勝はオールブラックとスプリングボックスになるよ

73: 2019/10/21(月) 14:45:16.35 ID:aIG0hxLX0
>>66
マンデラ大統領とマットデイモンの映画思い出すなそれ

67: 2019/10/21(月) 14:44:53.67 ID:8LrleKYv0
南アは油断しなかった
南アは日本戦まで1週間あって余裕があった
南アは来日早く環境にも慣れていた
南アは大会直前に日本とテストマッチやっていた

136: 2019/10/21(月) 14:52:01.96 ID:IMlzSK4W0
>>67
しかもその1週間の間に、コーチからしつこく日本対策について聞かされたとか。

68: 2019/10/21(月) 14:44:56.96 ID:cJZnP5yr0
なぜ負けたじゃなくて、なぜトーナメントまで行けたかなんだよな
一般的にはグループリーグ突破して当たり前になった感があるので
次のワールドカップは逆にキツイ

269: 2019/10/21(月) 15:05:20.28 ID:VwBeUJGn0
>>68
男子サッカー並みになったってことだな

520: 2019/10/21(月) 15:36:54.34 ID:NayUYsIJ0
>>68
そうでもない
力量的にはティア1の下位というところ。
もしプール抽選で8位以内に入れれば、1~4位、9位~12位、予選から勝ち上がって来た枠2と当たることになるから、トーナメント常勝国にはなれそう

79: 2019/10/21(月) 14:45:40.14 ID:XAihvyFW0
笑ったことない稲垣を笑わせろ!ってバラエティー番組やりそう。
ちょっと観てみたい。

85: 2019/10/21(月) 14:46:18.20 ID:F7gftfwB0
ラインアウト

87: 2019/10/21(月) 14:46:31.15 ID:0tkueukV0
日本と好勝負したアイルランドに一方的な試合で勝ったNZと好勝負した南ア
まぁ残当

116: 2019/10/21(月) 14:49:44.15 ID:pqEqkc+t0
もうみんなだいぶ疲れてたでしょ?
リーチ・マイケルとかかなりヤバそうだった

234: 2019/10/21(月) 15:01:32.43 ID:YHtwQrpB0
>>116 ハーフタイムで選手の多くはダウンしていた

こう証言されてるね
だったら南アみたいに椅子に座らせてミーティングにすればよかったのに・・・
少しでも回復させてやればいいのに
立ったまま円陣組んでやってた日本

117: 2019/10/21(月) 14:49:52.19 ID:IMlzSK4W0
実力差的には妥当だからな。
しかし、オールブラックスまでの道は遠い。

118: 2019/10/21(月) 14:49:58.94 ID:iM4G+TbF0
南アのパワーがな 日本の2割増しくらいあったで スクラムで見せつけられたで

124: 2019/10/21(月) 14:50:47.79 ID:SJIEmWh20
密集でことごとくボール奪われるし予選突破で満足して精神的なスタミナ切れを起こしてたな

130: 2019/10/21(月) 14:51:29.78 ID:w6ZrD1/c0
ラインアウトが全て。
スクラムはもうしょうがないとしてラインアウトはちゃんとしないと。

131: 2019/10/21(月) 14:51:40.56 ID:w33dNv6a0
今大会ベストSHはNZのアーロン・スミスかデクラークで決まりだろう
流も田中も決して劣る選手ではなかった

75: 2019/10/21(月) 14:45:22.06 ID:0Vl+vQrV0
日本はとにかく決勝トーナメント進出が目的だったので、プールAの4戦に全力使い果たしてしまった感じだったな。

逆に他の決勝トーナメント進出7国は、決勝トーナメント進出は当たり前って感じで、十分余力を残していた。








引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571635959/

まとめ関連動画

posted by widehay at 16:20Comment(8)スポーツ

関連する記事

この記事へのコメント

  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 17:07
    >゜))))彡
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 17:27
    前回の予選ではなんとか勝った
    今回の決勝トーナメントではボコボコにされた
    これが全てだと思います
    にわかファンはこれからと思うかもしれないけどまだまだ日本は常連国の戦い方とは違いすぎる
    まだまだレベルが違いすぎる
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 17:48
    選手層の厚さが段違いだろう。
    時間かかるけれども増えるといいね
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 17:50
    常勝する強豪と見せられる試合をできるぐらい強くなった。
    強くなってやっと見えた部分を学べたのは大きいよね。
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 18:29
    おーおー好き勝手いいなさる〜
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 18:51
    対応力が違いすぎた。そもそも地力の差もあるし、かなりきつかったな。
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月21日 22:41
    体格・体力で勝り、技術で勝る相手に本気で対策研究されたら流石に勝てんて
    でも、失点を26に抑えたのは大したもんだと思う
  • 名無しワイドガイド at 2019年10月23日 23:12
    選手層の違いだな日本はレギュラーとそうでない奴との差がありすぎる
    特に今大会日本は5人の選手が1試合もでなかった。つまり26人でリーグ戦回してたツケが出た
    今大会で言えば、ロシア戦やさらに贅沢言えばサモア戦でも、リーチや松島といった絶対的主力なしで勝てるようにして休ませないと